裏型枠の設置および解体を必要としないので、ブロック背面と崩れやすい法面との間に、作業員が長時間入る必要がありません。そのため、「安全な緊急工事」が可能となります。