従来の擁壁においては、一般に時が経つとともに、裏込砕石に土が入り込み、背面が沈下するといった不具合が起こり易いのですが、防災ウォール工法場合は、背面ブロックの段毎に底板があるため「裏込砕石が沈下するといったクレームが減少」します。

従来の積みブロック擁壁の沈下イメージ